新着情報

遺品整理・片付け・掃除・ぜーんぶ引越と一緒にスマイル引越センターにお任せ下さい!!

2019-05-12

こんにちは^^今日はとっても暑くなりました・・
真夏の福岡です(・・;)
私事ですが・・最近オカメインコを飼い初めまして・・
とにかく、とーっても可愛いので写真を載せちゃいました・・(スミマセン)

さて、本日は引越とともに、不用品処分の依頼を受けることの多い当社のちょっとしたこぼれ話です。

先日、ご家族が亡くなられ荷物の移動運搬と、不要物の処分依頼という事でお邪魔したお客様のお話です。
引越のお荷物は、形見の小物や、家具類、思い出の品々という事ですぐに決まったのですが、ご処分品の選別に悩まされたとの事でした。
とにかく押入れの中などの、物の多さに驚かれていました。

特に気になったのは、きれいなお布団があるにも関わらず、
実際使っていたのは使い古された布団であったり、
台所には、年季の入った食器類ばかりでした。
ですが、食器棚の中には、使用感の少ない食器や、
贈答用の新品などが使われずに、収納されていました。

衣類も同じく、衣装ケースの中には大量の服が大切にしまってありました。
まだまだ着られるからという理由で、汚れたりほつれたりしていても、
古い方の服を着続けていたのかもしれませんね。

物を捨てずに大切にすることは、本来とても大切なことだと思います。
ただ、大切にしすぎて、なおしたまま使われないというのは・・
大切にしている、というのとは少し違うような気がします。

物を大切にするって難しいですね・・

せっかく買ったもの、頂いたものを捨ててしまうのは、なんとも難しいことです。
が、今あなたが捨てなかったものは、後に残された人が捨てるだけになってしまうのですから・・

今回のケースでは、私たちのような業者に依頼して有料での回収という事になります。
わかっちゃいるけど・・・という方は、お盆やお正月、長期連休時の帰省した際に、
一度、そういったことをみんなで話してみるのもいいかもしれません。

そして、家族の方も帰省の際には、親の服や日用品がくたびれていないか、物がどんどん増えていないか確認してみてください。押し入れの奥から、だしたりするのは億劫です。高齢になるとなおさらですし、高いとことにしまってある物を、無理に引っ張り出すのは危険です。そういった理由で、つい放置しているのかもしれません。
一度、宝探しのような気分でみんなで片づけてみるのもいいかもしれませんね!

そして、本当に不要になったものは当社へ・・ぜひ、ご相談ください。

 

メールでのご依頼、お問い合わせ